季節限定のケーキ

いつも元住吉のカフェ『水谷珈琲』のブログをご覧頂きまして、ありがとうございます。

9月の連休もたくさんのお客様にご来店頂きまして、本当にありがとうございます。連休の後半もいつも通り営業して参ります。お時間がありましたら、ぜひお立ち寄りください。

さて、今日は季節限定メニューのご紹介です。

image

ちょっと前から販売を始めました『パンプキンチーズケーキ』は、当店のメニューでは珍しい季節限定ケーキです。
毎年かぼちゃの美味しいこの季節しか販売していません。

常連のお客様からは、
「今年もパンプキンチーズケーキ販売しますか?」
「いつから販売し始めますか?」
など、販売前から質問を頂いていました。

この時期はこのケーキが本当に人気で、もう既に毎日仕込みに追われています。

台風が近づいてきていた、昨日でさえ売り切れてしまいました。(夕方以降にご来店頂いたお客様には、本当に申し訳ございませんでした)

このケーキの美味しさの秘訣は、新鮮なかぼちゃを使用していることです。そして、旬のこの時期のかぼちゃだからこそ、美味しいのです。

image

かぼちゃの風味たっぷりのチーズケーキです。
人気のケーキなので、一度だけ違う季節に作ってみたこともありました。普通に美味しいのですが、やはり旬のかぼちゃで作ったものに比べると、ちょっと品質が落ちます。

『パンプキンチーズケーキ』をよく知るお客様が召し上がったら、さすがに期待を裏切ってしまうだろうと思い、他の季節に販売することは止めました。

このような理由で、今の時期しか販売していない『パンプキンチーズケーキ』をぜひ一度ご賞味ください。とてもおすすめです。

新入荷エチオピアのコーヒー

image元住吉のカフェ『水谷珈琲』のブログをいつもご覧頂きまして、ありがとうございます。
今日は新しく入荷しましたコーヒーのご紹介です。

●『エチオピア イルガチェフェ・ナチュラル』
8月後半より販売を始めましたエチオピアのコーヒーです。

私たちのメニューでは、コーヒー豆のラインナップをこの見出しのように表記しています。始めにこれがどのようなことを案内しているのか、もう一度おさらいしていきます。

①生産国『エチオピア』
コーヒー豆の銘柄で、先頭にきているものは国名です。ほとんどの国はご存知だと思いますが、コーヒーの生産国は、たまに知らなかったという国が出てくることもあります。そんなときも焦らずに「あぁ、○○ね」とその国を知っているふりをしましょう。

②農園名や地域名『イルガチェフェ』
ここの名前は農園名や地域名が入ります。『イルガチェフェ』は地域名です。コーヒー豆は農園ごとに分けられていたり、小さい農園がたくさんある地域は、いつくつかの農園がまとめられていたりします。多く場合は農園名であることが多いですが、必ずしも農園名というわけではありません。

③コーヒー豆の品種や生産処理方法
ここは何か特筆すべき案内がある場合に、何か書かれています。そのため①②のみの表記もあります。今回のナチュラルはコーヒー豆の生産処理の方法のひとつです。ナチュラルについての詳しい説明は今回は省略致します。

と、コーヒー豆のご案内はこのような順番で表記しています。コーヒーにもっと詳しくなりたいとの思いがありましたら、分からない単語をひとつひとつ調べてみるのも面白いと思います。

●今回のエチオピアのご案内
エチオピアはご存知の通り、アフリカ大陸の国です。アフリカの国のコーヒーは酸味に特徴を持ったコーヒーが多い地域です。フルーティーとか、華やかなどと表現されることが多いです。

エチオピアのコーヒーは”モカコーヒー”と呼ばれることもあります。長いこと続けている喫茶店などでは、モカコーヒーという表記はよく見られると思います。

ナチュラルのコーヒーは甘さがあり、香りの強いコーヒーになると言われています。

コーヒー豆が収穫された後に、どのような処理がなされたかで、出来上がるコーヒーの風味に違いが出てきます。

今回のエチオピアは赤ワインのような芳醇な香りを感じて頂けると思います。豆を挽いた時点から、ワインのような香りが立ち上がってきます。もし、豆を購入された際には、豆を挽いたすぐの香りもぜひ楽しんでください。

焙煎度合はハイローストで、現在のラインナップでは一番浅めです。苦味はほとんどなく心地良い香りと、甘い余韻をお楽しみください。
最後までご覧頂きまして、ありがとうございました。

コーヒーの3つのポイント

いつも水谷珈琲のブログをご覧頂きまして、ありがとうございます。本日は急遽閉店時間を早めまして、大変ご迷惑をお掛け致しました。申し訳ございませんでした。

今日は私たちのコーヒーを少しご紹介させて頂きます。

image

●私たちはスペシャルティコーヒーを扱っておりません

私は以前にスペシャルティコーヒーを辞めますと、ブログでお伝えしました。

※その記事はアメブロをご覧ください。http://ameblo.jp/mizutanicoffee(《コーヒーに対する考えを変えたわけ》というタイトルです)

スペシャルティコーヒーはある基準の中でコーヒーが評価されます。そして、コーヒー業界では「スペシャルティコーヒー=最高品質のコーヒー」と考えられています。

では、スペシャルティコーヒーを辞めて品質を落としたのか?と思われる方もいらっしゃると思いますが、私はそのように考えておりません。

より自然に、よりありのままに、より自分の感じ方に素直に、コーヒーに向かい合ってきたと思います。

スペシャルティコーヒーという概念を持たなくなることで、より幅広く色々なコーヒーに触れてきました。

●1番変わったこと

スペシャルティコーヒーに捉われなくなって1番変わったことは、コーヒーの風味の種類を考えなくなったことです。

スペシャルティコーヒーでは、コーヒーの風味を他の何かに例えて表現することが最重要であり、それが何よりも必須事項です。オレンジような風味、ストロベリーのような風味、キャラメルのような風味、などと表現します。

私も「オレンジ、アプリコット、ラズベリー、ローズ、キャラメルのような風味」という説明書きをしていました。今はこのような表現はしていません。

なぜこの表現を辞めたのか。それはこのようにコーヒーを紹介することが、自分には必要なことではないと思ったからです。

色々なコーヒーを飲んで、コーヒーを広く体験することで、自分がコーヒーに求めるものが少しずつ見えてきました。

●コーヒーに求める3つのポイント

私がコーヒーを飲んで一番気になり、一番確かめてしまうポイントは「舌触り」です。

コーヒーが舌にどのように触れるか。これを一番気にしていました。柔らかく触れるコーヒーほど、美味しいと感じことが多いのです。これはあくまでも個人的な見解です。

そして、柔らかく触れるコーヒーから、優しく風味を感じ、さらに深みを感じられるものは、このコーヒーは美味しいなぁと思いました。

●柔らかく
●優しく
●深く

この3つが自分のコーヒーにとって必要な要素だったのです。

この点に気づいてからは、風味の種類はほとんど気にならなくなりました。

私たちのコーヒーにこの中のひとつでも感じて頂くことができました、とても嬉しいです。ですが、お客様が考えながらコーヒーをお召し上がりになるのは不本意ですので、自然体でお召し上がり頂きたいと思います。

≪期間限定≫ フレンチトーストもランチメニューに

皆様、元住吉のカフェ『水谷珈琲』のブログをいつもご覧頂きまして、本当にありがとうございます。まだまだ内容が充実しておりませんが、更新頻度を上げて参りますので、よろしくお願い申し上げます。

今日はお知らせです。ただ今、平日の14:00~販売しております『フレンチトースト』ですが、期間限定でランチタイムもご提供いたします。

IMG_5614

期間: 8月1日(月)~8月12日(金)

※土日祝日は販売しておりません

焼きたてのフレンチトーストと美味しいコーヒーで、ランチタイムをお楽しみください。皆様のご来店を心よりお待ち申し上げます。

元住吉での週末は水谷珈琲へ

おはようございます。梅雨明けしてこれから暑さが本番を迎えます。

元住吉で週末をお過ごしの際は、ぜひ当店にもお立ち寄りください。

アイスコーヒーもご注文頂いてからお作りしますのです、コーヒーにとって最も重要な”淹れたて”のアイスコーヒーをご提供しております。

『香りが良く、深みがあり、柔らかい口当たりのアイスコーヒー』

私たちのアイスコーヒーのモットーです。

今週末も皆様のご来店を、心よりお待ち申し上げます。