まだまだ


スマホからのブログ投稿を試しています。見づらい点がありましたら、申し訳ございません。

image

●まだまだいけるドリップコーヒー

先日、あることをヒントに独自にドリップコーヒーの検証を行いました。いやぁ、まだまだコーヒーについて、深く深く潜りこめるなぁと思いました。

妻とふたりでこれは良いね!と改めて納得のいくコーヒーができました。

まだ抽出の安定性と、色々な豆に対応できるかとういう点が課題のため、少しずつ検証を進めてお客様にご提供して参ります。

●深煎りを美味しく

私たちは深煎りのコーヒーをご提供しています。と言っても、油分で豆がテカテカのイタリアンローストのようなものすごい深煎りではなく、深めに焙煎したというくらいのコーヒーです。

「フルシティロースト」という焙煎度合を多くラインナップしています。

皆様は深煎りのコーヒーについてどのようなイメージを持っていますでしょうか。

おそらく”苦い”というイメージが一番多いと思います。

ですが、私たちの深煎りのコーヒーは苦いという感想を頂くことはほとんどありません。

苦味が全くないとは言いません。コーヒーは本来苦味成分を持っているものです。ここで重要なことは皆様が感じているコーヒーの苦味は何なのか?ということです。

もし焦げたような苦味なら、それは人的なものによる苦味ですので、コーヒー本来の苦味ではありません。パンや肉、魚など焼くという調理を行う場合、焦げは本来の味を損なうことが多いと思います。ですが、苦味が全てダメなのかというと、そんなことはないと思います。

原材料が持っている本来の苦いであれば、それは引き出しても味を損ねているとは感じないと思います。お茶やビール、チョコレートなど苦味成分があっても美味しいものはたくさんあります。コーヒーも本来はそのようなものであると私たちは考えます。

心地良く感じる苦味は私たちのコーヒーには必要なものですので、私たちのコーヒーは深く焙煎します。

そして、それをお客様に美味しくお召し上がり頂くために、私たちは毎日コーヒーと向き合っています。

コーヒーについて調べると、深煎りのコーヒーは焦げていると言われることもありますが、全ての深煎りがそうであるとは思いません。

私たちは”美味しい”深煎りのコーヒーが大好きです。

ぜひ私たちの深煎りのコーヒーをご賞味ください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です